コーラゴーキン株式会社 鋳造技術

コーラゴーキンの鋳造技術

ダイカストの工法(スクイズ、層流、一般)

スクイズダイカストは溶融アルミを金型に超低速で充填し、高圧力で加圧する鋳造法です。
ダイカストマシンは縦射出横型締めという形で、射出を下から上に向かって鋳込むことが特長です。
傾転式の射出部を金型にドッキングさせ、 多段コントロールを行いながら超低速で充填を行います。
これにより、ガスの巻き込みがほとんどありません。
また射出完了後、圧力を加えたい部分が固まらないよう 指向性凝固を行いながら、
その上で高圧力で加圧凝縮させる ことで鋳巣の分散、微細化が可能です。
結果として鋳巣の極めて少ない健全性の高い製品が鋳造可能です。

スクイズダイカスト 層流ダイカスト 中速・高速ダイカスト 一般ダイカスト
(装置)
ダイカストマシン
専用ダイカストマシン 一般ダイカストマシン
(射出スピード制御)
一般ダイカストマシン
(射出スピード制御)
一般ダイカストマシン
スリープ充填率 縦型の為、高い 横型の為、やや低い 横型の為、やや低い 横型の為、低い
鋳巣のできにくさ ◎(T6処理可能) ○(T6処理可能) ○(T6処理可能) △(T6処理不可)
ガス量(cc/100g-Al) 0.5~1.0 1~2.5 1.5~3.0 10~40
ミクロ組織 微細 微細 微細 微細
サイクルタイム(s)
スクイズとの比較
60以上
-
60以下
50以下
45以下
射出速度(m/s)
[ゲート速度(m/s)]
0.05~0.15
[0.2~0.5]
0.05~0.15
[1~4]
0.5~1.5
[5~8]
1.5~2.5
[10~60]
メタル圧力(MPa)
[kgf/㎠]
49.03~98.07
[500~1000]
49.03~98.07
[500~1000]
49.03~98.07
[500~1000]
49.03~98.07
[500~1000]
離型剤の種類 特殊(保温)離型剤 特殊(保温)離型剤 特殊離型剤 一般離型剤

強度部品の熱処理T6

アルミ合金は、その成分により、熱処理加工で硬くなる材料と、 塑性加工のみでしか硬くならない材料に分けられます。
熱処理加工で硬くなる材料は、T6・T5・T4処理をはじめ 各種の処理条件により目的の機械強度を得ることが出来ます。
また、熱処理加工で硬くならない材料は、なまし処理などにより 残留応力解放や軟化させることが出来ます。

品名(工法) 機械的性質 硬さ
(HB)
材質
引張強さ
(MPa)
0.2%耐力
(MPa)
伸び
(%)
製品規格(スクイズ) 155以上 110以上 1以上 80以上 ADC12-F
製品B (砂型)
製品C (砂型)
○ 212
○ 211
○ 175
○ 178
○ 1.7
○ 1.3
○ 92.6
○ 93.4
AC4C-T6
製品D (層流) ○ 258.1
○ 285.1
○ 153.9
○ 148.6
○ 3.3
○ 4.2
○ 105
○ 105
ADC12-F
製品D (層流) ○ 262
○ 265
○ 195
○ 187
○ 3.0
○ 2.9
○ 107
○ 110
ADC12-T6